角栓ケアで毛穴美人を目指そう【スッピンも自信満々】

婦人

内と外からアプローチ

肌ケア

男性ホルモンが影響

毛穴の大きさは男性ホルモンと深く関係し、皮脂腺が発達することで皮脂の分泌も盛んに行われ、毛穴も大きくなりやすいのが特徴で、男性ホルモンが多い男性は女性よりも毛穴が大きく、広がりやすいのも特徴です。生まれつきとなるため、化粧品を使って小さくすることは難しいものの、目立たせないことは可能で、詰まりやたるみなどが解消されます。詰まりのケアには毛穴吸引が手軽であり、ジェルやオイルなどで角栓を柔らかく溶かし、スポイトによる吸引で取り除くことが可能です。たるみは、真皮層のコラーゲンなどの皮膚を支える束が弱くなった状態であり、真皮層の弾力を取り戻すことが最優先のケアです。レチノール成分にはコラーゲンを増やす活躍が期待されており、医学的にも証明された有効成分であるため、使用したい化粧品成分に挙げられています。

皮脂分泌を左右する食べ物

毛穴から分泌される皮脂が多い場合、自ずと毛穴は開きやすく目立つため、皮脂の分泌を促す食べ物を避けることが対策として取り上げられる内容です。ポイントとなるのが皮脂腺を刺激するか否かで、代表的なのは油物や糖分などで、皮脂の過剰分泌を促してしまいます。また、基礎化粧品にも同じことが言え、油分の多い重たいクリームなどの重ね塗りなどからも毛穴詰まりを招きます。ケア法としては、皮脂分泌を抑える成分を内と外から取り入れることにあり、その代表格となるのがビタミンCやビタミンB2などの美容成分です。ビタミンCにはコラーゲンの生成を促すことが期待できるだけではなく、内と外から補うケアによって、肌をふっくらさせ、毛穴開きが目立たなくなるメリットも挙げることができ、美容の観点からも効率的です。