角栓ケアで毛穴美人を目指そう【スッピンも自信満々】

婦人

洗顔の見直しが必要

フェイスマスク

角栓詰まりの原因

毎日欠かすことなく洗顔しているにも関わらず、毛穴が目立つ悩みを抱える人は少なくはなく、角栓が全く取れていないタイプと、すぐに新たな角栓ができてしまうタイプに分けることができます。毛穴ケアとして、全く取れていない場合、洗顔方法自体が間違っていると考えられ、角栓がすぐにできる場合にはスキンケア法が適切ではないと考えられます。特に、鼻などのパーツはベタつきが気になる部分であるため、ゴシゴシ擦り洗いを行いやすいのも間違った洗顔法の特徴です。また、必要な皮脂までもお湯でオフしてしまうことで、逆に皮脂の過剰な分泌を促進させてしまいやすく、毛穴詰まりは解消されないままです。皮脂が原因となるのが特徴ですが、スキンケアを抑え気味にしてしまうと、肌は内部の水分を蓄えるため、皮脂を過剰に分泌するので悪循環になりやすく、保湿は重要視すべきケアで、角栓も格段に除去しやすくなります。

顎にも着目

角栓が目立つのが鼻であり、皮脂量も多く、毛穴に汚れが詰まりやすくなり、ポツポツ毛穴の悩みを抱えやすくなります。さらに、ザラザラとした古い角質によるトラブルを招きやすいパーツが顎で、特に男性の場合、汚れを落としきれていないことから角栓が詰まりがちです。鼻や頬とは違い、洗いにくい形状をしているため、洗い残しやすすぎ残しとなり、詰まりを招きます。また、男性の場合は髭剃りを行うことで乾燥しやすいパーツであり、新陳代謝が滞り、古い角質は溜まりやすくなります。角栓は普段の洗顔では除去できないほど頑固なため、ピーリングによるケアが最適で、ジェルよりも洗い流せるミルクタイプが肌負担を軽減でき、ピリピリしない1%から3%程度の濃度の酸を選択することで、炎症やトラブルを防ぐことにも繋げることができ、男性の身だしなみにも結び付けられます。